松永萌暉さんがYoung Poster Awardを受賞

松永萌暉さんがYoung Poster Awardを受賞

本学大学院総合科学技術研究科理学専攻化学コース1年の松永萌暉さんが、2017年11月5~10日に開催された18th International Conference on Fusion Reactor Materials(第18回核融合炉材料国際会議)にてYoung Poster Awardを受賞しました。

 

松永さんの講演タイトルは“Lithium-lead corrosion behaviors of Er2O3, Y2O3 and ZrO2 coatings fabricated by a liquid phase method”です。核融合炉の燃料製造や冷却に液体金属を用いた場合に配管等に必要と考えられている機能性被覆について、3種類の被覆材料を簡便な成膜手法である液相法で作製し、高温液体リチウム鉛合金中での化学挙動を明らかにしました。この成果が評価され、約100件の大学院生のポスター発表の中で優れた7件がYoung Poster Awardとして選出されました。

 

松永さんの指導教員は、本学学術院理学領域(放射科学系列)の近田拓未講師。