静岡大学理学部物理学科

教員と研究の紹介

素粒子・宇宙、原子核物理学分野

教員名 教員DB Web 専門 研究内容               
土屋 麻人 (教授/理博) 素粒子論 重力を含む統一理論として超弦理論,特に行列模型による非摂動的定義, 場の量子論の非摂動的解析
嘉規 香織 (准教授/理博) 原子核理論 相対論的な取り扱いによる核子-原子核反応に関する研究
森田 健 (准教授/理博) 素粒子論 ブラックホールの量子論的な側面やゲージ理論の解析など超弦理論を中心とした理論物理の研究
内山 秀樹 (講師/理博)* X線天文学 人工衛星を使った観測的宇宙物理学(X線天文学)、特に天の川銀河の高エネルギー活動の統一的理解を目指した研究。衛星搭載X線検出器の開発とそれを応用した物理教材の研究。

基礎物理学分野

教員名 教員DB Web 専門 研究内容               
冨田 誠 (教授/理博) 量子光学 ナノ構造光学系での,光の局在,伝播制御,QED現象,など新しい光の特質を解明すること, 量子力学の観測問題
佐藤 信一 (教授/工博) フラクタル 成長する荒い界面や拡散律速凝集(DLA)などの自己アファイン,フラクタル的なパターン形成の研究, および非線形力学系のカオス,確率過程の研究
鈴木 淳史 (教授/理博) 物性基礎論 可積分系,非線形物理
松本 正茂 (教授/理博) 物性理論 固体中の電子が作り出す不思議な現象(現在のところ,主に超伝導)の理論的研究
古賀 幹人 (教授/理博)* 物性理論 物性理論。特に強相関電子系を中心とし、電子のスピンや軌道自由度が絡み合う固体物性の研究。
弓削 達郎 (助教/学術博) 物性基礎論 非平衡系の量子物性論

物性物理学分野

教員名 教員DB Web 専門 研究内容               
三重野 哲 (教授/工博) プラズマ科学 プラズマ科学の実験的研究(電離気体中の非平衡現象に関する研究,フラーレンの合成とその特性研究)
山崎 昌一 (教授/理博) 生物物理学 生体膜の生物物理学(生体膜の構造・相転移・安定性,イオンチャネル蛋白質とイオンポンプの構造・機能・分子物性論,膜蛋白質のフォールデイングと設計原理)
嶋田 大介 (准教授/理博) 酸化物物性 酸化物高温超伝導体でのトンネル伝導度の測定,超伝導機構の解明
海老原 孝雄 (准教授/工博) 固体電子物性 希土類,遷移金属間化合物における新物質探索と単結晶育成,そしてその磁性と伝導についての研究
岡 俊彦 (准教授/理博) 生物物理・ソフトマター物理 タンパク質の構造・物性、両親媒性物質(脂質、界面活性剤など)の構造、物性、相転移についての研究
阪東 一毅 (准教授/理博) 半導体光物性 半導体ナノ構造及び有機半導体結晶における光励起状態の実験的研究

  • * 教育学部所属 2020年4月1日より大学院物理コース着任。
  • ** 松山 晶彦 教授 (専門 原子核理論) は2021年3月末をもって定年退職なされました。