静岡大学理学部物理学科

物理学科の教育体制

  • 物理学科のカリキュラムは、物理学の基本となる「力学」、「物理数学」、「電磁気学」、 「統計力学」、「量子力学」などに代表される講義の他に、 物理的な考え方や数学的手法を身につけるために行う演習が、講義と学年進行に沿ってバランス良く配されています。 今日的なトピックスやより高度な内容を扱う、集中講義も開講されており、 学生1人1人の好奇心に従って、個性が伸ばせるよう配慮されています。

  • また物理学は実証学問であるため、常に“自然との対話”をしていなければなりません。 物理的測定を実際に行い、“自然との対話”を行う手法と、具体的体験をするために、 2年生から3年生にかけて、多彩な学生実験が用意されています。


  • 1年次 新入生セミナーにおける学生の発表
    1年生から主体的な学びを実践します。

    個別に端末を用いた演習
    物理学を通して高度な数値解析の能力を身につける学生もいます。

    超伝導 3年次学生実験 超伝導 (マイスナー効果)
    静岡大では、全国で初めて超伝導を学生実験に取り入れました。その後、今日では、多くの主要大学でもこの種目は取り入れられるようになりました。

卒業研究

  • 学部4年生になると、大学の最も大学らしい教育が行われます。 1人~4人の少人数にわかれて、卒業研究を行うために研究室に入ります。 最先端の研究が行われている熱気の中で、それぞれの指導教員のもと一つのテーマについて深く学び、 研究の進め方を学んでいきます。卒業研究は少人数で行われることが、 教員と学生が手をたづさえて学問を深めていく上で重要で、当学科ではその理想が追求されています。 また、研究室には大学院生も在籍していて、学生相互の知的啓発や探求心を育てるのに最適なものとなっています。 さらに、各研究室が“手の届くところ”にあり、様々な研究を目のあたりにできます。


  • 卒業研究におけるゼミ
    少人数で学問の世界を探究していきます。


    赤外線イメージ炉による単結晶育成。約1800度の高温で単結晶を引き上げている。


    超短時間パルスレーザー光を用いて光量子の特質を解明する。
    静岡大学OBによって設立された「浜松ホトニクス(株)」をはじめ静岡県は光産業も盛んです。


    物理学では数学的センスも大変重要です。