研究室紹介

 地球科学科には,マントルから生物圏までを対象とする多様な研究室があります.

 地球科学科では、教員がそれぞれ独立した研究室を構えています.中には,他の研究室と共同で研究を行ったり,一緒に勉強会を開いているところもあります.3年生から各研究室に所属して卒業研究を行います.

 大学で勉強したいことがはっきり見えてこない人,進路の選択で迷っている人,研究生活に興味がある人,大学院入学・進学を考えている人は一度研究室を訪問してみたらどうでしょうか?先輩や教員と話をしたり,研究室の雰囲気を感じ取ることで,漠然としていた興味が具体化するかもしれません.

>>教員の連絡先はこちら.

地球ダイナミクス系
 地球内部のエネルギー・物質循環に起因する地震・火山活動,地殻変動,プレート運動などの現象とその変遷,およびそれらの帰結として形成された地球の構成物について教育・研究を行います.

教授
川本竜彦VTR
地質学
水とマグマ、海水とマントル、海水の化学組成史
准教授
生田領野 VTR
地震学・固体地球物理学
プレート境界における応力蓄積過程の監視
准教授
石橋秀巳VTR
火山岩石学・実験マグマ学
マグマの物性,形成プロセス,噴火ダイナミクス
准教授
田阪美樹
岩石鉱物物理・実験岩石学
マントルの流動変形
准教授
平内健一VTR
構造地質学・実験岩石学
沈み込み帯のレオロジー
准教授
三井雄太VTR
固体地球変動の物理
地震・測地・火山
生物環境科学系
 地球表層における物質循環,生物と地球環境との相互作用,生物の進化と多様性の歴史について,古生物学・地球化学・進化学・生態学・地質学などの観点からフィールド・ワークを主体として,多面的かつ総合的な教育・研究を行います.
教授
塚越 哲VTR
進化古生物学
貝形虫(甲殻類)の自然史研究
教授
北村晃寿VTR
古津波・古地震
巨大津波減災・温暖化予測のための古環境研究
教授
佐藤慎一
現生古生態学
教授
木村浩之
地球微生物学・環境ゲノミクス
微生物と地球環境の相互作用と物質循環プロセス解明
准教授
宗林留美VTR
生物海洋化学
海洋における生物と生元素のダイナミクス
准教授
鈴木雄太郎VTR
古生物学・古生態学
講師
久保篤史
生物地球化学・炭素循環
助教
ルグラン・ジュリアン
古植物学・古生態学
胞子・花粉などの微化石に基づく堆積環境と陸上生態系の解明