地球科学科の特徴

 地球科学科では、生物と地球の進化ならびに地球環境の変動メカニズムについての教育・研究を通して,地域・社会の要請に応えるとともに、地球の未来に責任を持って自ら考えて行動することの出来る地球人を育成します.

 人類が生物とそれを擁する地球という複合システムの一部として共存していくためには,地球の成り立ちと自然の営みについての理解が不可欠です.これは21世紀に生きる万人のための素養であるとともに,地球科学教育の要であり,最も重要な基礎なのです.応用面では,地震・火山噴火に起因する自然災害や地球温暖化,生物の多様性の低下などの深刻化する環境問題に適切に対処するために,地球科学に精通した専門家が必要とされています.このような地域・社会の要請に応えるために,確かな専門知識と技術に応用力を併せ持つ(高い問題解決能力を有する)人材を育成します.

 また,地球科学者の活躍の場は国内に限らず,あまねく世界に広がっています.従って,地球科学科では研究者や技術者,あるいは教育者として広く国際的に活躍できる人材育成を目指しています.

本学科は,「地球ダイナミクス系」と「生物環境科学系」の2つの系(旧・講座)から成り立っています.3年次から,これらの系に分かれ,それぞれの分野の専門知識と技術について学習します.

カリキュラムの概要はこちら