北村晃寿教授が「Most Accessed Paper Awards」を受賞

北村晃寿教授が「Most Accessed Paper Awards」を受賞

2017年4月18日 「Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach」(http://progearthplanetsci.springeropen.com/articles/10.1186/s40645-015-0045-6)が2017年(期間:2015年1月1日~2016年12月31日) の「Most Accessed Paper Awards」を受賞しました.

 

PEPSは日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する「査読付きフルオープンアクセス電子ジャーナル」です.