竹下樹里さんが第6回CSJ化学フェスタで優秀ポスター発表賞を受賞

竹下樹里さんが第6回CSJ化学フェスタで優秀ポスター発表賞を受賞

本学大学院総合科学技術研究科理学専攻化学コース2年の竹下樹里さんが、平成28年11月14-16日にタワーホール船堀(東京)で開催された第6回CSJ化学フェスタで優秀ポスター発表賞を受賞しました。
竹下さんの講演タイトルは「両親媒性トリスウレアにより形成する超分子ヒドロゲルの色素吸着挙動」で、自己集合により形成する超分子ヒドロゲルが、優れた色素吸着材料として機能することを見出し、さらにその吸着メカニズムの解明に成功しました。本会は 産官学から3千名を越す研究者が集まり、全1196件のポスター発表の中から214件が優秀ポスター発表賞として選出されました。
 竹下さんの指導教員は、本学理学部化学科の山中正道准教授。