勝俣和大さん(化学専攻2年)が若手優秀発表賞を受賞

勝俣和大さん(化学専攻2年)が若手優秀発表賞を受賞

2015年12月1日~12月4日、神戸ポートアイランドにてBMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)が開催されました。

 

同大会にて本学理学研究科 化学専攻2年 勝俣和大さんが「若手優秀発表賞」を受賞しました。
この賞は一般口頭発表を行う若手研究者や大学生・大学院生に対して贈られます。

 

演題名:減数分裂期のテロメアによるセントロメア制御とスピンドル形成における役割

 

指導教員は大学院理学研究科化学専攻の山本歩教授。

 

BMB2015ホームページ(外部サイトにリンク・別ウインドウで開きます)