北村晃寿教授が2014年度日本古生物学会論文賞を受賞

北村晃寿教授が2014年度日本古生物学会論文賞を受賞

本学大学院理学研究科地球科学専攻の北村晃寿教授が第一著者の下記論文が2014年度日本古生物学会論文賞を受賞しました。

 

Kitamura, A., Kobayashi, K., Tamaki, C., Yamamoto, N., Irino, T.,
Miyairi, Y. and Yokoyama, Y., 2013. Evidence of recent warming in the
Okinawa region, subtropical northwestern Pacific, from an oxygen isotope
record of a cave-dwelling marine micro-bivalve. Paleontological Research,
17, 58-68.

 

◆論文の概要
◆日本古生物学会