総合科学技術研究科理学専攻について

ディプロマ・カリキュラムポリシー

学位授与の基本方針(ディプロマ・ポリシー)

総合科学技術研究科理学専攻にあっては,真理を探究する理学の精神を身につけ,基礎科学における深い学識とそれに基づいてさまざまの基礎ならびに応用分野における問題解決能力を有する人材の育成を目指す。さらに社会の多様なニーズに応えるための洞察力,適応力,行動力を養うことを目的として,それぞれの専門分野ならびに学際的分野で高度な教育研究を行う。この目的に沿って設定された授業科目を履修し,必要単位数を取得することによって,下記に示す資質・能力を身につけたものに修士(理学)の学位を授与する。
1. 理学の各分野における深い学識を有し,専門的な立場から現代社会の諸問題の解決に指導的に取り組むことができる。
2. 健全な批判精神と高い倫理観を備え,社会人としての自らの行動に責任を負うことができる。
3. コミュニケーション能力と国際感覚を持ち,グローバルな観点からリーダーシップを発揮し活躍できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

総合科学技術研究科理学専攻の学位授与の基本方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき,技術職や研究職を目指す上で必要な,基礎科学における深い学識と問題解決能力を有する人材を育成することを目的として編成された履修プログラムに沿って教育を行う。このプログラムは,幅広い視野と国際的な対応能力をもち,かつ各専門分野の求める高度な専門的知識と研究能力を身につけるために編成された以下の授業から成る。
1. 広い視野に立って各専門分野を深く考究する講義科目
2. 教員の直接の指導の下,修士論文の作成を目指して行う特別研究などの科目
3. 幅広い視野を身につけるための研究科共通科目と副専攻プログラム
4. 英語科目ならびに英語対応科目